【ストップ!DQNの川流れ】水難事故に気をつけましょう【リメンバー玄倉川】

本格的に夏休みシーズンを迎え、連休に海や川に泳ぎに行く行楽客が全国的に増える時期にあるが、一方で不測の水難事故で命を落とす不幸な事例が数多く起きる時期でもある。楽しい夏休みが一転、地獄絵図に変わり、大切な家族が途方に暮れないように、常に心がけておかなければならない。

行楽に出かける前に、今一度心の備えを兼ねて、我が日本裏街道ガイドでは『水難事故に気をつけましょう』キャンペーンを実施する。過去に起きた悲惨な水難事故を教訓に、何が危険なのかをしっかり把握する事が肝要である。

■玄倉川水難事故(通称:DQNの川流れ、神奈川県山北町、1999年8月13日)


※映像にある人物の多くがこの直後に死亡しています。閲覧注意。

水難事故と聞いてまず最初に思い浮かぶのが「DQNの川流れ」と称されるこの玄倉川水難事故である。横浜市内にある廃棄物処理業者の社員やその家族、婚約者、友人など合計18人が豪雨で増水した玄倉川の濁流に呑まれて、そのうち13人が死亡したという痛ましい事故だ。

そんな事故にも関わらず、犠牲者には厳しい非難の目が向けられ「DQNの川流れ」と呼ばれるまでになった。それはどうしてか。事故が起きるまでの経緯を箇条書きでまとめてみる。

・8月13日、被害グループはキャンプ指定地外の玄倉川の中州でキャンプを行っていた。この時は他にも数グループいる。
・15時頃に現地付近で降雨が始まる。当日は熱帯低気圧が接近中で、関東にも局地的豪雨をもたらしていた。
・ダム管理職員により行楽客に退避を促す。大半の客は警告に従い水際から退避(1度目の警告)
・しかし被害グループ一行は退避せず、中州に張ったテントで一泊。
・20時前後、上流の玄倉ダムが放水予告のサイレンを鳴らす。同時期にダム管理職員による退避勧告(2度目の警告)
・一行のうち3人のみ中州を離れ自動車に退避するも、残りは反応せず。テントの中で酔っ払って眠っていたようだ。その後、松田警察署へ連絡。ダム放流開始。
・21時~22時頃、松田警察署員による説得。しかし一行は泥酔状態で会話にならず「うるせえ、警察にそんな事を言われる筋合いはねえ」などと逆切れし取り付く島もない。子供も多くいる中で真っ暗な夜中に川を渡るのは危険、との判断で夜が明けてから再び説得を試みる事にした。(3度目の警告)
・翌14日早朝、神奈川県全域に大雨洪水警報が発令。6時頃、自動車に退避していた仲間が説得を試みるが、一行は「大丈夫だ」と熟睡。(4度目の警告)
・6時半頃、ダムは本格的に放流を始め玄倉川の水位が上がり始める。
・7時前後、松田警察署員が巡回、テントに近づき再度退避勧告。熟睡中で無反応だったため引き揚げる。
・8時頃、現地付近は本格的な暴風雨に見舞われ、一気に水かさが増す。先に退避していた仲間が消防に救助要請。
・8時半頃、中州が水没。テントも流され、一行はパニック状態。自力退避不可能な状態になる。
・9時頃、救助隊が現場に到着。盆休み中の土曜日だったため、救助要員の確保は不十分で、救助活動は難航。
・10時頃、マスコミ到着、現地にて取材開始。テレビカメラにその後の一部始終が収録される。消防は救助ヘリの出動を要請するが現地の天候・視界不良で危険と判断、ヘリによる救助を断念する。また報道ヘリも現地上空に近づけず。救助隊が対岸の山から一行への接近を試みる。
・10時半頃、救助隊が救命索発射銃でリードロープを発射するも対岸の木に引っかかり失敗。15分後に再度ロープを発射するが一度目のロープが引っ掛かり一行にロープが届かず。
・11時頃、警察の要請で上流のダム放流を一時中止するが貯水能力がなくダム決壊の恐れがあった為わずか5分で放流再開。

玄倉川水難事故
既にこの時にはビーチパラソルの支柱以外に支えるものはなく、上流側に男性陣が踏ん張って下流側に女性や子供達が寄り添う状態になっていた。この映像はテレビで放送され全国のお茶の間に衝撃を与えた。

・11時38分、18人全員が濁流に飲み込まれ流されてしまった。咄嗟の判断で中州にいた男性が抱えていた子供を岸に向けて投げ、その子供は岸の近くに流れ着き救助される。さらに4名が対岸に辿り着き救助される。残り13人は行方不明。
・翌15日、対岸に避難して一夜を過ごした4人が救助される。その後下流域や丹沢湖を捜索すると犠牲者の遺体が続々発見されるが流木などの浮遊物が多く遺体の収容作業は困難を窮めた。遺体捜索のため丹沢湖の大量放水を実施。下流域の小田原市などの水道供給に影響を及ぼす恐れがあった。
・29日に最後まで行方不明だった幼児の遺体が発見され、救助活動が終わる。

この一連の救助活動や捜索の費用は地元の山北町が約4800万円、警察の捜索費用なども含めると約5億円ほど掛かったとある。度重なる警告も無視し続け中州に留まっていた被害グループの無謀な野営の結果、大量の税金が使われ、特に小田原市などでは市民の水がめである丹沢湖の大量放水でその後の市民生活に影響する可能性もあった。よって被害者への非難が集中し「DQNの川流れ」と呼ばれ衝撃的な映像とともに現在にまで語り継がれている。


■都賀川水難事故(兵庫県神戸市、2008年7月28日)

神戸市灘区にある都賀川で起きた水難事故。都賀川は阪神大震災後の防災治水対策の一環として川辺が親水歩道として整備されていた事もあり夏休み中の家族連れが多く居た中での事故だった。事故が起きたのは28日14時40分頃だが、1時間程前までは現場付近は晴天で、事前に発令されていた大雨洪水警報も現場で遊んでいた家族連れには気づく由もなかった。親水歩道には危険を知らせるアナウンス設備すらなかったのだ。突発的なゲリラ豪雨で都賀川の水位は僅か2分で1メートルも上昇、当時河川周辺には40人程が居たがそのうち16人が濁流に呑まれる。うち5人が死亡。

事故の要因の一つとして神戸市街地が六甲山系から大阪湾にかけて平地が極端に少ない地形上の理由で、豪雨時に河川で「鉄砲水」が発生しやすい環境にある。現場付近が晴れていて突発的なゲリラ豪雨などの危険を把握できなければ短時間で濁流に飲み込まれて命を落とす恐れがある。事故の一番の原因は親水歩道設置後の警告設備の不備にあったとして事故後、都賀川には警告用の回転灯や看板が多数設置された。



STOP!水難事故 STOP!ドザえもん

気をつけよう!水の事故
・酒を飲んで海や川に近づくDQNは死んでも文句は言えません。自然をなめるな。
・職場や学校でやけにバーベキューやキャンピングに誘いたがる自称アウトドア派が居た場合は大抵DQNです。共同作業を通じて連帯感を感じて自己満足に耽りたいだけです。可能であればなるべく付き合いを避けましょう。
・川べりでバーベキューをしているDQNを見かけたら、泥酔して川に飛び込み溺れ死ぬ場合があります。職場や学校などの付き合いでその場に居合わせたら勇気をもって注意しましょう。
・渓流などで高い橋の上から飛び込むDQNを見かけたら、5メートル未満の高さから落ちた場合でも飛び込んだ姿勢によっては生命に危険を及ぼす恐れがあるので、自殺行為そのものである事を本人に伝えましょう。
・都賀川のような鉄砲水が発生しやすい川でそもそも子供を遊ばせないようにしましょう。親水歩道を設置した神戸市はアホだと思います。
・家にひきこもってれば大丈夫です。泥酔状態で風呂に入らないようにしましょう。

津波及び水難事故対策用リュック一体型ライフジャケット TSUNA GUARD(ツナガード)(R) 成人男性用

水死事故 そのメカニズムと予防対策 (Sportsmedicine Express(7))

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレアリーバーベキューコンロ5段階調節機能付 M-6422

ドラえもん ぬいぐるみ L

デザエモンプラス

スポンサーリンク

スポンサーリンク