LINEで集団リンチ実況、殺人告白、管理売春…驚愕の未成年援デリ組織!広島少女リンチ殺人事件

援デリの少女たち

広島県呉市の灰ヶ峰山中に捨てられた死体は警察が発見した時には既に腐乱損傷が激しく一部白骨化し、身元の特定には困難を要した。死体の遺棄を供述したのは、広島市内に住む16歳少女だった。事件の全容が分かるにつれ、関係した人間の大部分が全員16歳という空恐ろしい事実が判明する。

「綾瀬女子高生コンクリート殺人に次ぐ、未成年者による凶悪犯罪」などと言われている事件だが、その全容がメディアに報道されようとしていた頃、山口県周南市で起きた村八分殺人で話題をさらわれ、広島の当事件は全く報道されなくなった。

この事件の特異性は、テレビで何度も報道された、主犯格の加害者少女Aが警察に自首する直前、LINEを通じて友人に書き残した「殺人」の告白である。僅か16歳で殺人を犯した人間の書いた文章からは、その行為への反省や被害者への感情は微塵も感じられない。

LINEで殺人告白

「グルチャでいいあいになって、いまからこいやてなってあって、タクシーではいがみねいって、殴って蹴ってやら根性焼きやらしよおたらあんま動かんくなって、それで首絞めて最後に首おってなげてすてた」

LINEで殺人告白

「グルチャでいいあいしおたけないようおぼえてないけど、人間ぢゃないとか?しねとかー で、ころしたるわいゆうてゆうたらわかった ころしにこいやゆうけえころしたった」

「いま調べたら15-20年か最悪無期懲役だって。耐えられん」
「正直いつでてこれるかわからんけど、でてきてまた、あそぼーね」
「けじめつけてきます!!ぢゃあ、いってきます」 

事の重大さにも関わらずネット上では呑気なやりとりが続けられていた。


この事件に直接関係し逮捕された人物は7名。うち6名が全員16歳である。

・少女A(16、無職) 事件の主犯格。最初に警察に出頭する。被害者少女とは高等専修学校の元同級生だったが中退。母と妹の3人家族。広島市東区在住。
・少年A(16、無職) 少女Aの彼氏。住所不定で少女Aと行動を共にしている以外、あまり情報が出ない。援デリで稼ぐ少女Aのヒモだったらしく、自分の女に頭が上がらない。
・少女B(16、無職) 少女Aの友達。高校中退、親のネグレクトにより鳥取県内の児童養護施設で生活保護を受けながら暮らしていた。その後広島市内のマンションで一人暮らし。広島市中区在住。
・少年B(16、無職) 少女Bの彼氏。鳥取県米子市出身。中卒後、少女Bと広島で同棲。プロボクサー志望。少年Aと同じくヒモ状態だったらしい。
・少女C(16、高校生)LINEのグループチャット仲間。高校2年生。被害者とはLINEで知り合った関係だが面識なし。呉市在住。
・少女D(16、高校生)少女Cとは同じ高校の同級生での友人。同じく被害者とはLINE上の知人だが面識なし。安芸郡熊野町在住。
・瀬戸大平容疑者(21) 犯行グループ唯一の成人で、犯行時の車の手配をしていた。通称「瀬戸タクシー」。少年Bの友人。鳥取県湯梨浜町在住。

・被害者少女(16、高専生) 事件の被害者。在籍していた高校専修学校は不登校状態だった。LINEのグループチャットで少女Aと悪口の言い合いになりその後呼び出される。6月27日深夜、広島市内に呼び出された被害者少女は瀬戸タクシーに押し込まれ車内で暴行を受けつつ現場となった灰ヶ峰へ。そこで7人掛かりの集団リンチが加えられ殺害された。

【注意】当サイトは少年法に則って未成年の事件関係者の実名及び顔写真を表記していないが、既にネット上では全員の氏名や顔写真、在籍する高校名が判明、公表されている。


<凄惨な集団リンチの一部始終>
・被害者少女に対し7人が数時間掛けて執拗に暴行を続けた。移動に使ったワゴン車の中は血まみれだったとも
・暴行の様子をLINEで実況中継、当時40人程度が見ていた
・耳の穴に根性焼き(タバコの火を押し付ける。内耳部の火傷は脳に達する事もある)したら気絶→車に戻ってどうするか話した
・LINE上でも逐一報告、見ていた知人が「いけいけ」「やっちゃえ」などと煽る。むしろ集団リンチを面白がっていた
・7人全員が被害者少女の死亡を確認。遺体は埋める事もなく山道から崖下に投げ捨て現場に放置
・事件から約2週間後、少女Aが遺体の再確認に来ると遺体の腐敗状況が酷く精神的にショックを受ける。この時少女Aは自首を決意

<少女A、自首後の動き>
・7月12日、少女A、母親と共に広島東署へ出頭するも当日は自宅へ帰る→翌13日朝、バスに乗って逃走を試みる。しかし母親の通報を受け少女Aは身柄を確保される。13日、少女Aの供述通りに呉市の灰ヶ峰で遺体が発見される。14日逮捕。
・少年A、B、少女Bとその母親が逮捕を恐れ一時期土地勘のあった鳥取県米子市のアパートで潜伏。少女Bの母親は潜伏先から知人に「自首するべきか」相談する電話を掛けている。
・先に逮捕されていた少女Aは仲間をかばおうと当初は単独犯行を供述していたが、LINEの一連の書き込みで仲間の関与が全て判明。
・16日、少年A、B、少女Bの3人が呉署に出頭。翌17日、残る少女C、Dと瀬戸も合わせて死体遺棄容疑で逮捕。

事件の直接の要因となったのは少女Aと被害者とのLINEのグループチャット上でのくだらない喧嘩に過ぎず、被害者少女が「今から来いや」「殺しに来い」と挑発した結果呼び出されて殺された、という経緯なのだが、少女Aから直接連絡しても相手が暴行を恐れて来ない可能性があったため、LINE上で知り合っていた少女Dを使って誘い出させた。集団リンチ時の状況も明確な殺意に基づいた暴行であり「傷害致死」というより「殺人罪」が近い。

知れば知るほど恐ろしいクソガキDQN集団だが、この事件が起きた背後関係が知るにつれて底知れぬ闇が浮かび上がってくるのだ。間違いなく関係者全員が社会のド底辺に居た人間だからこそ起きた事件であるには違いないが、どうせ少年法とやらで減刑されるだろうし、また数年したら世に放たれるのかと思うと、ゾッとする。

16歳だった―私の援助交際記 (幻冬舎文庫)

■16歳少女達は援助デリヘルで月100万稼いでいた!
この事件の肝にあるのが主犯格の少女A、少女Bの2人の特殊な生活状況。どちらも学校を中退していたが、生活の糧を得る為にLINE上で援助交際の相手を募り、なおかつ仲間内で売春組織を作っていた。少女Aが売上げ金を管理し、客1人につき2.5~3万円、月に100万を稼いでいた事もあったという。被害者少女もまた少女Aの誘いによって援デリを始め、客の取り合いを巡るトラブルで事件に発展した。一部テレビ報道では「サービスを伴う接客業」と奥歯に物が詰まったような馬鹿げた表現。

■少女Bは生活保護受給者だった!
少女Bは母親のネグレクトを理由に実家を出て鳥取県内の児童養護施設で単身生活、月約10万円の生活保護を受給していた。広島市中区の家賃42000円の1KマンションはBの母親名義で契約している。少女Bに倣ってAも生活保護受給を画策するが失敗している。なお、このマンションの一室は犯行グループの少年少女4人が溜まり場として日常的に生活の場にしていた。

■少女BのマンションはLINE売春のヤリ部屋になっていた
少女A、Bは本格的な金儲けの手段としてLINEを通じて管理売春業を行うようになり、少女Bが住んでいた広島市中区のマンションは時折「ヤリ部屋」として使われていた。ホテル代を出し渋る客が居た時に、部屋にいる仲間を一時的に外出させて使う事があったようだ。

広島に実在する「エンコー薬局」

犯行グループが高校中退または中卒後、実家の貧困状態を理由に社会に出ざるを得ない状況になった少年少女ばかりというのが今回の事件の特徴とも言える。しかし「自立」の手段は皮肉にも援デリで体を売るという事しか出来なかったという貧困ゆえの因果。

当然、現行法では売買春自体も違法だし18歳未満との性行為も各都道府県(※注)の淫行条例により処罰の対象になる。うっかり援デリに手を出してしまった男性諸氏はこの事件で逮捕された少女達との関係が警察に知られると、色々面倒な事になりそうですね。

(※注:長野県のみ県レベルでの淫行条例が制定されておらず、東御市のみ例外的に淫行条例がある。長野ってなんなの?)



その他、事件にまつわる報道や情報が追加された場合、以下に追記していく予定だ。

ドラゴンボール改 組立式ハイクオリティDXフィギュアVOL.4 全2種セット

■一人だけ21歳、瀬戸容疑者はパシリ役だった
犯行グループ7人のうち唯一16歳ではなく21歳の成人だった瀬戸大平容疑者、その独特の風貌がドラゴンボールZに出てくるドドリアさんのようだとネタにされたりもしたのだが、実際は「気が弱く人の意見に流されやすい」(父親談)というヘタレキャラで、16歳のクソガキ集団からは「瀬戸タクシー」などと呼ばれアッシー役になっていた。今回殺人現場となった呉市の灰ヶ峰へ向かうワゴン車を手配し、「周りの雰囲気に流されて」集団暴行に加担した。確かに5つ年下の集団にいいように利用される奴はヘタレなのかも知れない。同年代の友人はどこに行ったの?

■援デリ狩り「罰金返せんけえ、島に飛ばすけえの」
広島市内では「援デリ狩り」が横行していて、彼女らのような個人の売買春の現場に客を装って現れては「誰の許可を得て客を取ってんだ」などと脅迫しては高額の罰金を要求したり、罰金が払えなければ働けと脅し、自分達の売春組織の下で働かされるケースもあるという。2012年には援デリ狩りに関わった暴力団員を含む9人が逮捕されている。しかし少女Aは援デリ狩りを避ける為に客の募集はもっぱらLINEを使っていた。
【広島】 「援デリ狩り」続発 「組織の許可なく客を取った」と援助交際少女を脅し、組織の下で売春を強要

プライバシー設定からLINE Playまで LINE完全活用ガイド
※ご利用は計画的に。あなたの人生を破滅させる恐れがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク